求人情報
求人にあたり理事長からの挨拶
介護老人保健施設の開設に至った理由
  私は、昭和57年に神戸大学を卒業し、外科医として大学病院、その関連病院において急性期医療に携わってきましたが、平成16年に、より地域に密着したプライマリイケアを目指し、大阪市住之江区に石田クリニックを開業しました。その間、地域の在宅医療に携わってまいりましたが、高齢者のなかには住宅環境、経済的事情、病態的な事情で在宅での医療・介護の継続が困難な方を多くみてきました。しかし、このような高齢者を受け入れてくれる施設は絶対的に不足しており、今回、施設での療養介護が必要な高齢者の方に対して医療・看護・介護サービスを提供するため、介護老人保健施設を開設することになりました。
港さつき苑の目指すもの
  介護老人保健施設は、基本的には入院治療中の高齢者の方が在宅療養へスムーズに移行できるよう、リハビリテーションを中心としたケアを提供する中間施設としての位置付けであります。しかし、実際に地域の在宅療養に携わってきますと、高齢者の方の療養生活は、決して入院治療から在宅療養への流れだけを整備すればよいものではないことがわかってきました。すなわち、高齢者の方の中には、在宅療養中に身体機能が衰え、通所リハビリだけではなく、再び入所して集中的にリハビリテーションを施すべきケースが多くみられます。そのような方に対して、リハビリを施すことにより再度在宅へ復帰していただき、最後まで在宅で尊厳ある生活を継続できるようお手伝いします。また、ご家族が介護疲れに陥る場合もあり、長期間にわたりご家族が在宅での介護を継続するために、一時的に施設で介護を引き受けることにより、在宅介護の負担を軽減することも重要であります。
  さらに、認知機能の衰えや、家庭の事情などで在宅復帰が困難な高齢者にたいして、特別養護老人ホームへの入所待機としての役割、特別養護老人ホームに移れない場合には、在宅に近いケアを提供してゆきます。 港さつき苑は、地域における療養介護のあらゆるニーズに応えること、すなわち介護の拠点を目指してゆきます。
スタッフの方への要望
  この港さつき苑の理念に賛同していただける方を広く募集したいと考えています。そして、現在介護の必要な高齢者の方は、戦後日本の復興の立役者であること。私たちが、現在この日本で今のような生活が出来るのは、この方達のおかげであることを肝に銘じ、全ての高齢者の方に敬意をもって接していただきたいと考えております。 次に、リハビリテーションといっても、身体的機能の回復を目指すことも大切ですが、認知機能の回復も含め精神的機能の回復も同様に大切であり、これが、最後まで自分らしく生き、尊厳ある生活につながると考えます。介護老人保健施設においては、リハビリテーションも含め、介護の内容も常に創意と工夫を重ね、進化していくべきと考えます。従って、スタッフの方には、与えられた役割、メニューをこなすだけではなく、自ら考えて応用していただきたいと考えます。
スタッフの方の生活について思うこと
  昨今、介護施設の勤務は大変厳しく、長続きしないとか、現状の給料では結婚も出来ないなどという話も聞き及びます。スタッフの生活が安定しないようでは、高齢者の方に十分なケアが提供できないのは当然であります。当老健施設が進化・発展していくためには、スタッフの生活の充実が重要であると考え、さつき苑では、スタッフの方が継続して勤務できる職場環境の整備を目指しています。その一つとして、キャリアパスを作ることにより、介護スタッフのさつき苑における昇進の道筋を示し、能力、資格、経験に応じた処遇を行います。昇進の条件として、国家資格またはそれに準ずる資格の取得や外部機関の研修などの履修を義務づけ、それを応援すること、すなわちキャリアアップの機会を増やしたいと考えています。
  私は、このような思いで港さつき苑を考えています。私の思いに賛同していただける元気なスタッフを募集します。これからの高齢者の介護に熱い思いを持たれている人なら、資格を有する経験者はもちろん、資格をまだ有してない未経験者、さらに他の分野からの方も歓迎いたします。
募集要項へ